「対独戦勝70周年記念式典」を明日(5月9日開催)に控えたロシア。北朝鮮の金正恩氏が出席するのではないかと注目されたが、土壇場で欠席が明らかにされた。

しかし、もう一人の「金正恩氏」がロシアを訪問するかもしれない。

訪ロを明らかにしたのは「金正恩氏」のそっくりさんで有名な香港在住のハワード氏。3月にはハリウッドを訪問して、話題になったばかりだが、今回はロシアに出没した。

香港生まれでオーストラリア系のハワード氏は、訪ロに関して次のように語った。

「金正恩第1書記の姿で、プーチン大統領と会いたい。『赤の広場』でロシア人と交流後、北朝鮮大使館の前で写真も撮る予定だ」

一見、奇行にも見えるハワード氏の行動だが、彼自身は「北朝鮮の人権問題の解決に貢献したい」という趣旨を明らかにしている。

3月にはシンガポールのリー・クアンユー元首相の追悼イベント葬儀で「リー・クアンユーは、世界で最も偉大な独裁者」というプラカードを掲げてイベントにから追い出されたり、アメリカのハリウッドで、オバマ米大統領のそっくりさんと練り歩いたことがある。

一方、ハワード氏に対して「ヘアスタイル以外は、金正恩氏にあまり似ていない」という声もある。ヘアスタイルも初期型 「覇気ヘア」 であり、最新の 「覇気ヘア」 とは大幅に違いが見られる。

【関連記事】
ハリウッドにオバマ氏、金正恩氏が揃って登場! 実はそっくりさん、向かった先は・・・
北朝鮮「男は黙って覇気ヘア」逆らえば「無慈悲にバリカン虎刈り」