「長距離路線で運行されているソビ車でも、平壌への進入路と国境地域などの一部地域を除けば検問所も少ない。また、検問所には定期的に賄賂を掴ませているから、通行証無しでもさほど問題にはならない」(情報筋)

電力難で、鉄道がまともに運行されていない北朝鮮。代替交通手段として完全に定着した「ソビ車」の輸送規模は、国営鉄道を上回るかもしれない。

【関連記事】 「黒いダイヤ」で外貨を稼げ! 廃鉱再生でボロ儲けする北朝鮮の新興富裕層

    関連記事