かつて、韓国では親北朝鮮系や左翼的な考え方を持つ人々に対して「パルゲンイ(アカ)」と言って罵倒していた。今では「従北(チョンブク)」と呼んで攻撃することが多いが、なぜか北朝鮮でもこの言葉が変わった意味で流行していると、デイリーNKの内部情報筋が伝えてきた。

平壌の女性たち(本文とは関係ありません) ©Matt Paish
平壌の女性たち(本文とは関係ありません) ©Matt Paish

北朝鮮メディアでは、韓国を非難する際に「従北」という言葉を頻繁に使用する。韓国内の親北朝鮮派を間接的に応援し、「南南葛藤」を狙う意図からだ。

例えば、8日付の労働新聞「北侵戦争挑発を合理化するための南朝鮮傀儡どもの『従北論』を断罪」というタイトルの記事では583文字の短い記事に「従北」という単語が8回も登場する。

「金正恩大好き人間」を「従北」と呼んで馬鹿にする

公式メディアがこんな記事を量産するものだから、本来なら北朝鮮国内で使われるはずのない「従北」という言葉が市民権を得てしまった。そして、北朝鮮の庶民たちはそれを「ネタ」に、厳しい環境を生き抜いてきた人々ならではのブラックユーモアを発揮する。

    関連記事