ジェームズ・クラッパー米国家情報長官が25日、下院歳出委員会の軍事小委員会に対し、北朝鮮が米国本土を直接攻撃可能な移動式大陸間弾道ミサイル(ICBM)を配備できる状態にあるとする見解を明らかにした。29日、韓国の聯合ニュースがワシントン情報筋の話として報じた。

クラッパー氏は小委員会に提出した書面の中で、北朝鮮が核弾頭を搭載可能な弾道ミサイルKN-08を配備するための初期段階にある、とする見解を述べているという。

kn08
北朝鮮の弾道ミサイルKN-08

KN-08は2012年と2013年の軍事パレードに登場して注目されたが、発射実験は確認されていない。射程距離が1万2000キロに達し、米国本土も射程に入るとの分析がある。

北朝鮮の核・ミサイル戦力を巡っては、米軍高官からも警戒論が出ている。