北朝鮮は26日、「韓国人スパイ」とされる男性2人の逮捕を発表した。彼らの記者会見の様子を報じた、朝鮮中央通信の記事全文は次の通り。(小見出しは編集部)

南朝鮮のかいらい情報院のスパイが反共和国偵察・謀略行為の犯罪の真相を自白

【平壌3月26日発朝鮮中央通信】米国と南朝鮮のかいらい一味の操りの下で、反共和国偵察・謀略行為を強行して摘発、逮捕されたかいらい情報院のスパイとの国内外記者会見が26日、平壌の人民文化宮殿で行われた。

国内の出版報道部門と総聯(朝鮮総聯)の記者、外信記者がこれに参加した。

駐朝諸国外交代表と大使館員がオブザーバーとして参加した。

潜伏スパイ

記者会見に先立って行われた国家安全保衛部の幹部の発言によると、最近、共和国国家安全保衛部が現行犯として摘発、逮捕したかいらい情報院のスパイであるキム・グッキとチェ・チュンギルは、朝鮮の最高首脳部をどうにかしてみようと狂奔した極悪なテロリストである。