北朝鮮当局が、日本製中古車などの取締りに力を入れている。平壌市内を走行する自動車の急速な増加に交通安全行政が追い付いていないらしく、「金正恩氏の警護にも支障をきたしている」とする情報もある。

P140501_1716
平壌市内の高麗ホテル前を走る、かつて阪神バスで使用されていた車両/西船junctionどっと混む提供

北朝鮮では、国家主導の計画経済が行き詰まり、大衆レベルで市場主義的なヤミ経済化が進行。それに従い、国家の統制を受けないヤミ営業の運輸業者やタクシー(日本で言うところの白タク)が急増中だ。こうした車は外来語の「ソビス(Service)」と朝鮮語の「車(チャ)」を合わせ、「ソビ車(チャ)」と呼ばれている。