朝鮮人民軍 海外戦記/中東編(2)

ベトナム戦争の最中、1968年を最後に金日成は社会主義陣営という言葉を使わなくなる。

ベトナムに派兵しながらも、その目的であった社会主義陣営における地位向上は遂げられず、仲間であるはずの中国とソ連はダマンスキー島で武力衝突まで起こした。もはや社会主義陣営への幻想を捨て、外交の新天地を求めるときだと悟ったのだろう。

【連載-1-】アラブ諸国に加勢しイスラエルと戦っていた北朝鮮空軍

そして北朝鮮は、1972年からは国連での地位向上を目指すようになり、ライバルの韓国に続いてオブザーバーとして加盟。自国への支持を拡大しようと、社会主義国家のみならず第三世界の国々との交流を深めていった。

イスラエルへの復讐に燃える

エジプトではこの頃、1970年9月28日に大統領となったアンワル・アル=サーダートが、ソ連の支援を受けながら対イスラエル戦の準備を進めていた。1967年6月に勃発した第3次中東戦争でガザ地区とシナイ半島をイスラエルに占領されており、その復讐のための戦争でもあった。

しかし1972年7月、エジプト政府は確執を抱えていたソ連の軍事顧問団を撤収させる。そのためエジプト軍参謀総長であったシャーズィリーは、ソ連からの支援が縮小する中で強敵イスラエルとの戦争を準備しなければならなくなった。そこで浮上したのが、防空能力の問題である。

エジプトなどアラブ諸国は、第3次中東戦争でイスラエル空軍の先制攻撃を受けて制空権を失い、わずか6日で敗北してしまった。その経験から、イスラエル空軍をいかに抑えるかが重要課題となっていたのだ。

シャーズィリーによると、エジプト軍の地対空ミサイル大隊は1972年末までに、ソ連軍事顧問団の能力を補えるようになったという。しかしミグ21戦闘機75機を運用していた約100名のパイロットをソ連が引き上げてからは、その穴をどうしても埋められずにいた。

そんな最中、1973年3月1日から7日までの日程で康良煜(カン・リャンウク) 副主席を団長とする北朝鮮政府代表団がエジプトを訪問した。エジプト政府に対し、国連で北朝鮮を支持してくれるよう要請するためであった。

実戦経験を積むチャンス

シャーズィリーは、彼らに問題解決の途を求めた。3月6日のスエズ前線視察に同行した際、北朝鮮政府代表団に加わっていたひとりの人物に話を持ちかけたのだ。

「北朝鮮がミグ21のパイロットを何人か提供してくれることは可能と思われますか?そうすれば双方の利益になるでしょう。われわれの側にとっては、あなた方が防空に参加してくれれば、パイロットが足りないというわれわれの問題を解決してくれることになります。北朝鮮側にとっては、パイロットが実戦の知見を得ることになるでしょう。なぜかと言うと、イスラエル人はあなたがたの想定された敵と同じ飛行機を使い、同じ戦術を用いているからです」(※注)

このときから、北朝鮮空軍の第4次中東戦争参戦に向けた動きが始まるのである。

そして、ここでシャーズィリーの要請を受け入れ、金日成の説得に当たることになったのは、学校教員から軍の「英雄」にまでのぼりつめて行った、一見風変わりな経歴を持つ男だった。(つづく)

(宮本 悟 聖学院大学教授)

【連載:朝鮮人民軍 海外戦記】
中東編(3) 金日成を対イスラエル参戦に動かした北朝鮮「元学校教師」の履歴書

※注=初出[宮本悟解説、池内恵資料解題・翻訳「北朝鮮の弾道ミサイル開発の起源─シャーズィリー・エジプト軍参謀総長の回顧録から」『東亜』553号(2013年7月)]

朝鮮人民軍 海外戦記

ベトナム編(1) ホワイトハウスに乗り込んだ北朝鮮「ベトナム戦争」の英雄
ベトナム編(2) ホー・チ・ミンから届いた「派兵要請」の親書
ベトナム編(3) 米軍機26機を撃墜した「北の戦闘機乗りたち」
ベトナム編(4) 北朝鮮版「ランボー」がたどった数奇な運命
中東編(1) アラブ諸国に加勢しイスラエルと戦っていた北朝鮮空軍
中東編(2) ベトナムに続き第4次中東戦争に参戦した北朝鮮の狙いとは!?
中東編(3) 金日成を対イスラエル参戦に動かした北朝鮮「元学校教師」の履歴書
中東編(4) エジプト軍の英雄を驚嘆させた北朝鮮の「地下軍事要塞」
中東編(5) 北朝鮮空軍「エジプト極秘派兵」はイスラエルに見破られていた
中東編(6) 第4次中東戦争が勃発、北朝鮮空軍とイスラエルF4戦闘機の死闘
中東編(7) 北朝鮮の弾道ミサイル開発は空軍のエジプト派遣から始まった
中東編(8) 暗殺、亡命、失脚…北朝鮮空軍「中東派兵」立役者たちの運命

宮本 悟(みやもと・さとる)

聖学院大学基礎総合教育部特任教授。1970年生まれ。1992年、同志社大学法学部卒。1999年、ソウル大学政治学科修士課程修了(政治学修士号)。2005年、神戸大学大学院法学研究科博士後期課程修了(博士号/政治学)。2006年から日本国際問題研究所研究員、2009年から聖学院大学総合研究所准教授などを経て、2014年から現職。

    関連記事