在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地・建物を約22億円で落札した不動産関連会社のマルナカホールディングス(高松市)から、山形県酒田市の不動産会社グリーンフォーリストが44億円で購入した問題で、中国籍の女性が10億円の購入資金を提供していた事実が浮上している。その一方、購入資金のうち30億円近い部分について、公安当局が出所をまったく把握できていない実態もあるようだ。

【関連記事】総連関連会社が本部ビル購入先に50億円融資!? 気になる資金の流れ

産経新聞は11日、政府関係者と日朝関係者からの情報として、総連本部ビルをめぐり「朝鮮系中国人女性が10億円の購入資金を提供していた」と報じた。

同紙によれば、女性は香港で海運会社に勤務しており、1月中旬に日本に入国。各地で朝鮮総連関係者らと会った後、1月下旬に資金をグリーンフォーリストに送金したという。

公安当局はこうした資金の流れについて、当事者が口座を持つ金融機関に情報を照会する方法で調査を行っているとされる。グリーンフォーリストの口座への入金記録を金融機関に提出させ、そこに浮かんだ個人や法人の口座について、資金の出入りをさかのぼって調べていく形だ。

突然現れた20億円

もっともこうしたやり方では、資金の出所の解明には限界があるとされる。経済事件に詳しいジャーナリストは次のように話す。