在日本朝鮮人総連合会(総連)中央本部の土地・建物を巡り、競売で所有権を取得した不動産会社マルナカホールディングス(高松市)の転売先に対し、総連の関連会社が融資した形跡が見られる。

【関連記事】総連ビル問題で浮かんで消えた「メガバンク関与説」の背景とは!?

総連本部ビルの不動産登記簿を見ると、土地建物は1月28日付でグリーンフォーリスト(山形県酒田市)に所有権が移転。土地と建物にそれぞれ、総連の関連会社である白山出版会館管理会(東京都文京区)が極度額50億円の根抵当権を同日付で設定している。

同社は、総連の関連団体が入居する朝鮮出版会館(文京区白山)を所有していたが、1月23日付で大阪市中央区南船場の不動産会社ラシュールに同会館の土地建物を売却している。白山出版会館管理会が同会館の売却で得た資金が、総連本部ビルの取得費に充てられた可能性もある。

ただ、朝鮮出版会館の売却額については「相場で言うと十数億円ではないか」(都内の不動産業者)との見方もあり、同会館と総連本部ビルと合わせた全体の取引にかかわる資金の流れが気になるところだ。