義務教育期間の変更で教育内容も変化

北朝鮮では、2013年から義務教育の期間が12年制から13年制に1年延長されたが、思わぬ効果が生まれ学生や保護者も喜んでいるという。

北朝鮮両江道(リャンガンド)のデイリーNKの内部情報筋は次のように語った。

「昨年から学生の授業時間も授業方法も変わった。以前は、主に理論を教えていたが、最近では実習を中心とした授業に変わった。子供たちの学習態度もいい方向で変わっており保護者も喜んでいる」

「理論」から「実習」へと授業内容が変わったことには理由がある。

北朝鮮の義務教育制度は本来11年制だが、2013年から12年制へ変更され、小学校は4年制から5年制になった。しかし、教員が不足するため地方では、一般住民から教師を選抜。この教員たちによって理論中心から現場中心へ教育内容がシフトした。