韓国の聯合ニュースは25日、北朝鮮が4回目の核実験を行う場合、「過去3回に比べ威力が大幅に増す」との軍や情報当局の見方について報じた。

引用された政府筋のコメントによれば、情報当局は4回目の実験が行われた場合、威力が10?15キロトン以上になると見ているという。

北朝鮮の過去の核実験の威力は、2006年10月が1キロトン以下、2009年5月が3?4キロトン、2013年2月が6?7キロトンだったとされている。

聯合ニュースはまた、同じく政府筋の情報として「北は平壌市内の実験場で高爆発力と小型化技術蓄積のための実験を繰り返している」としているが、現段階では豊渓里核実験場一帯で特異な兆候は見られないという。

一方、これとは別に、北朝鮮はすでに核実験を4回実施済みだとの観測も一部から出ている。

【関連記事】北朝鮮の核実験は4回行われていた? 米国の学者らが指摘

    関連記事