北朝鮮が2010年5月にも秘密裏に核実験を行っていた、との見方が浮上している。 米国とドイツの研究者が学会誌に見解を発表したのを受け、韓国の各メディアが14日に報じた。北朝鮮の核実験は従来、2006年と09年、13年の計3回とされてきた。

報道によれば、米プリンストン大学と独ハンブルク大学の研究者が最近、米国の核学会誌で「今年1月に明らかにされた地震波の分析結果は、2010年5月に核実験があったという主張を裏付けている」と主張しているという。

中国・スウェーデンの学者も

北朝鮮が2010年5月に核実験を行っていたとの見解が示されるのは、今回が初めてではない。同年5月12日、韓国の最北端で多量の放射性物質が検出されたことから、北朝鮮が核実験を行った可能性が指摘されていた。