北朝鮮の人民保安部が民間車両の没収に血道を上げているという。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が20日に報じた。

RFAの取材に応じた平安北道(ピョンアンブクト)の消息筋によれば、「2月4日に『交通秩序と海洋出入り秩序に違反した者を厳罰に処す』との布告が出された後、人民保安部が大々的な車両の取り締まりに乗り出した」という。

車間距離を十分に空けなかった、方向指示灯を点滅させなかった、などの些細な違反でも車両を没収する徹底ぶりで、劣悪な電力事情から列車が頼りにならず、ソビ車(チャ)ポリポスなどの営業車に乗らざるを得ない人々が不満を貯め込んでいるとのことだ。

また、少し前に国境地域を訪れたという平壌在住の消息筋は「平壌市内の保安署の保安員たちと車両管理局の検閲員たちは、市内で没収した車を特定の場所に集めている。武装した保安署の機動巡察隊員たちが車両を見張っている。地方都市でも、保安署の敷地に没収した車があふれていた」と話している。

北朝鮮ではこのところ、当局が民間に車両の「献納」を強要したり、日本車の廃棄命令を出したりと強圧的な指示が重なっており、自動車をめぐり何らかの状況変化が進行している可能性もある。