最近、北朝鮮内で市場だけでなく住民の主要移動手段である「ソビ車(チャ)」の利用にも北朝鮮ウォンではなく外貨(中国人民元、ドル)が使用されているという。北朝鮮の慢性的な電力難による鉄道運行の悪化により、ソビ車を運営する私企業の活動が活発化したことによる現象で、北朝鮮貨幣の価値が急激に下落していることを証明している。

咸鏡北道の消息筋は11日、デイリーNKとの通話で「汽車は一週間に一度運行されるため、鉄道の運行時間は信用できない。そのために個人が運営するソビ車の需要が増加し、ソビ車の主人は喜んでいる。ソビ車を利用するためには北朝鮮ウォンは使えず、中国貨幣やドルで乗車できる。200中国人民元(約24北朝鮮ウォン)有れば好きなところに行ける」と説明した。

「平壌-恵山1列車」の闇取引は150中国人民元で取引され、ソビ車なら一日で目的地に到着できるが、汽車だと一週間程度がかかる。そのためソビ車を利用する住民が増えている。平城から清津までは100中国人民元、吉州から恵山の国境までも同額程度とされる。