北朝鮮が日本海に向けて短距離戦術ミサイルと見られる飛翔体5発を発射したと韓国軍合同参謀本部が明らかにした。

ミサイルは8日、午後4時20分から5時10分にかけて日本海に向けて発射され、約200km飛行して日本海に着弾したとみられる。

北朝鮮は7日、労働新聞を通じて新型ミサイルを試射したことを明らかにしている。さらに2月8日は、朝鮮人民軍の創設67周年に当たることから、記念日に合わせたミサイル発射の可能性もある。

北朝鮮では、1977年までは2月8日が軍の創設記念日として祝われていたが、その翌年からは金主席が旧満州で抗日遊撃隊を組織したとされる1932年4月25日を建軍記念日としていた。(正恩氏の「おじいちゃん似」をアピール!? 労働新聞が金日成氏“加工写真”を特集

北朝鮮は、オバマ米大統領が先月、北朝鮮の崩壊に言及したことに強く反発して米空母攻撃を想定した訓練などを繰り返している。(北朝鮮が新型対艦ミサイルの試射に成功 「近く実戦配備」

NewAntishipMissile_kj02
ミサイルの試射を見る金正恩氏/2015年2月7日付労働新聞より

こうした状況下での武力示威に対し韓国軍は「北朝鮮が緊張をあおるレベルがさらに高まる可能性がある」として警戒を強めている。

【関連記事】
米軍機26機を撃墜した「北の戦闘機乗りたち」
北のミサイル潜水艦開発に「日本企業」の影

    関連記事