デイリーNKは2014年5月5日から8日間、特別取材チームによる中朝国境現地取材を敢行した。取材では中国遼寧省丹東や集安などの国境地域を訪れ、最新国境事情の取材のみならず私事旅行で訪中していた北朝鮮住民のインタビューにも成功。そのレポートを7回に渡って掲載する。

セウォル号沈没事故が発生した2日後。北朝鮮はようやく情報を伝えた。1週間後には朝鮮赤十字会中央委員会委員長名義の電話通知文を通じて哀悼の意を伝えた。

しかし、それ以降の北朝鮮は対韓国プロパガンダサイトのわが民族同士や朝鮮中央テレビなどでセウォル号事故に対する韓国政府の対応に批判を始めた。事故を利用して韓国国内の対立を煽ろうとする意図があるものと思われる。

北朝鮮の人々もセウォル号のことは知っているのだろうか。デイリーNK特別取材チームが今月初めに中朝国境地域で話を聞いたほとんどの北朝鮮の人はセウォル号のことを知っていた。皆一様に多くの生徒が亡くなったことを残念がりつつ「先頭に立って子どもたちを救おうとしなかった船長の過ち」を批判した。