脱北者とキリスト教の親和性

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

脱北者の多くは韓国にやってきてクリスチャンとなりプロテスタントの教会に通うようになる。プロテスタントが脱北者支援に積極的という理由もあるだろうが、北朝鮮が掲げる「唯一思想体系」とキリスト教の「一神教」が似ていることから、惹きつけられるという理由が大きいようだ。

脱北詩人のト・ミョンハク氏は韓国のTV朝鮮に対して次のように語っている。

「脱北して聖書を初めて読むと『北朝鮮はキリスト教を真似して私たちを騙していた』ことにすぐに気づいてしまう。だから教会の雰囲気やキリスト教のあり方が脱北者の心を揺さぶるのだ」

韓国のプロテスタントは、今でも命がけで信者を北朝鮮に送り込んでいるが、そのモチベーションとなっているのは「朝鮮のエルサレム」再建だ。

北朝鮮が開放され、統一されたら堰を切ったように朝鮮半島北部に流れこんで「金氏王朝」からキリスト教国家に塗り替えてしまうパワーを持っている。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

同時に、韓国から様々な情報が流入し、自分が同性愛者であることに気づく北朝鮮の民衆も大勢現れるだろう。その時、同性愛をめぐって新たな対立が生じるであろうことは想像に難くない。

2035年の平壌の旧金日成広場。同性婚を求める性的マイノリティと「ホモは許さない」と叫ぶキリスト教信者が衝突する。まさに今の韓国と全く変わらない状況が北朝鮮に出現するかもしれない。

(了)

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

【連載】北朝鮮の同性愛事情


【1】小説に描かれた「ゲイは非人間的」



【2】北朝鮮のゲイは「理解も迫害もされない」



【3】北朝鮮でゲイが発覚すればどうなる?処遇はお上のさじ加減次第



【4】「ゲイは変態性欲」西洋の精神医学が変えた「朝鮮の性」の観念



【5】キリスト教「ゲイはエイズをまき散らす」同性愛者「キリスト教はヘイトをまき散らすな」韓国で深まる対立



【6】「平壌を再び朝鮮のエルサレムに」同性愛とキリスト教と北朝鮮

    関連記事