2014年のソウル・クィア・パレードは保守キリスト教団体の妨害により大混乱に陥った。(画像:読者提供)
2014年のソウル・クィア・パレードは保守キリスト教団体の妨害により大混乱に陥った。(画像:読者提供)

90年代から盛り上がった韓国の同性愛者のムーブメント

前号では比較的おおらかだった朝鮮の同性愛を見る視点が植民地時代に西洋の精神医学に影響された日本の性科学が書籍により朝鮮に広まったことで「変態性欲」化していく過程について考察した。

解放後の韓国の新聞紙上にも同性愛関連の記事は現れる。それらをまとめると「主に遠い外国で行われる変態性行為で悲劇に終わるよろしからぬもの」という論調だ。植民地時代のそれとさほど変わりはないが年に数回程度の掲載となった。現在の北朝鮮の人々同様に80年代以前の韓国の多くの人々は同性愛の概念すらわからない状態だったと言われている。

それが変わるきっかけとなったのがSBSで1992年12月に放映された「そこが知りたい」という時事番組で「ゲイ、性の2つの顔」という特集だ。これを皮切りに各メディアが同性愛について取り上げるようになった。

当時、韓国のテレビ局は日本のテレビが視聴できる釜山で様々な番組をチェックしてそれを元に番組を制作していたと言われている。90年前後に日本で起きていた「ゲイブーム」から影響されたということは想像に難くない。

爆発的な広がりを見せていたパソコン通信の場に同性愛コミュニティが作られ、実際に公の場で活動するグループも現れた。

1995年3月には当時延世大学の大学院生で現在は秋渓(チュゲ)芸術大学教授のソ・ドンジン氏が韓国初の大学内同性愛者サークルの「カム・トゥゲザー」を結成して初めて公にカミングアウトした。しかし、それにより彼は社会的に様々な不利益を被る結果となってしまった。

1998年11月にはソ・ドンジン氏が中心となって第1回ソウルクィアフィルムフェスティバル開催され、2000年からは毎年プライドパレードの韓国版「ソウル・クィア・パレード」が行われている。

同年にはタレントのホン・ソクチョン氏がゲイであることをカミングアウトしたため当時出演していた子ども番組をやめさせられるなどして社会的に大論争を引き起こした。彼を支持するグループが結成、性的マイノリティの人権の象徴のような存在となった。

わずか数年の間に社会的に存在すら認識されていなかった性的マイノリティのプレゼンスが急激に高まった。それに対して猛反発するようになったのが保守的な韓国のキリスト教、特にプロテスタントだ。

それが如実に現れたのが、2014年の6月に開催された第15回ソウル・クィア・パレードに対する激しい妨害だ。

憎悪で同性愛者を攻撃する韓国の保守キリスト教団体

ソウル市の西大門(ソデムン)区庁がパレードを後援することになったが、保守キリスト教団体が区庁舎で座り込みを行うなど激しい抗議活動を繰り広げた。区庁は恐れをなして後援を取りやめてしまった。しかし、今度はLGBT当事者やリベラルからの「なぜ取りやめたのか」という激しい抗議にさらされた。

区とは違いソウル地方警察庁はパレードの集会許可を取り消さなかったためにパレードは予定通り行われることになった。しかし、保守キリスト教団体はコース上でセウォル号追悼集会を行いパレードの出発を妨げた。なお、この集会の司会を任されたタレントは後にFacebookで「追悼のためではなくパレードの妨害のためだった」と告白している。

パレードはコースを変えて行われることになったが出発してすぐのところで保守キリスト教団体のメンバー数百人がコース上でシットイン(座り込み)を行ってパレードの進行を妨害した。

これに激昂したパレード参加者数百人は座り込みを行っている人々を取り囲み罵声を浴びせかけるなどして街は騒乱状態と化してしまった。

現場にいた男性は次のように語る。

保守キリスト教団体の妨害で出発が予定より5時間遅れ午後10時過ぎにゴールしたソウル・クィア・パレード(画像:読者提供)
保守キリスト教団体の妨害で出発が予定より5時間遅れ午後10時過ぎにゴールしたソウル・クィア・パレード(画像:読者提供)

「警察はシットインを行って入る人々に対して「違法な無許可集会なので排除する」と8回に渡って警告したが、保守キリスト教団体のメンバーは祈ったり歌を歌ったりするなどして警察の解散命令を無視した」

「座り込みを行っている連中のど真ん中でレズビアンカップルが抗議の意思を示すためにキスインを始めたが、非常に汚い言葉で罵られた。彼女たちを助けに行った男性はクリスチャンの連中から水をかけられたり物を投げつけられたりしていた」

「さらに激昂したパレード参加者は『帰れ!帰れ!』などとシュプレヒコールを激しく叫んだ。やがてシットインの首謀者数人が連行されたが、全体の排除は行われなかった」

「5時間の対峙の末、本来のコース上で行われていた妨害集会が終わったので、パレードが再開できた。もう夜の10時だった」

これは北朝鮮の過去と未来にも決して関係がないわけではない。次号ではそこについて述べる。 つづく

【連載】北朝鮮の同性愛事情
【1】小説に描かれた「ゲイは非人間的」
【2】北朝鮮のゲイは「理解も迫害もされない」
【3】北朝鮮でゲイが発覚すればどうなる?処遇はお上のさじ加減次第
【4】「ゲイは変態性欲」西洋の精神医学が変えた「朝鮮の性」の観念
【5】キリスト教「ゲイはエイズをまき散らす」同性愛者「キリスト教はヘイトをまき散らすな」韓国で深まる対立
【6】「平壌を再び朝鮮のエルサレムに」同性愛とキリスト教と北朝鮮

    関連記事