23日、中国の税関当局は2014年の貿易統計を公表したが、中国から北朝鮮への原油の輸出量がゼロだということがわかった。年間50万トンといわれる中国からの原油は北朝鮮にとっては生命線である。

この数字が事実だとするなら北朝鮮体制の存続にも関わる危機と言っても過言ではない。しかし今のところ、北朝鮮内部にそのような徴候は見られない。

中朝国境で明らかになった原油の継続輸出

デイリーNKは中国現地取材を通じて、昨年5月の時点で原油が輸出されていることを確認している。

【関連記事】中国、依然として北朝鮮に原油供給を継続中 「対北朝鮮原油輸出停止」の真実

デイリーNK特別取材チームが10日に訪れた中国丹東市パイプライン基地の入り口/写真:デイリーNK特別取材チーム
デイリーNK特別取材チームが10日に訪れた中国丹東市パイプライン基地の入り口/写真:デイリーNK特別取材チーム

複数のメディアや北朝鮮専門家は、統計上の輸出はゼロだが裏で輸出されている可能性を指摘している。中朝間の経済に詳しい堀田幸裕氏(霞山会研究員)は以下のように説明した。

「統計上はゼロですが、実際には輸出されていると思います。過去には、2009年8-11月の原油輸出で『朝鮮(北朝鮮)』の項目ではなく『その他アジア諸国』に算入されているのでないかと思われる不可解な操作がありました」

堀田氏は、統計上の数字に意図的な改ざんがある可能性を指摘する。また、中朝国境ではガソリンや軽油がトラックで輸入されることも多く、その数字を中国税関が全て把握することは不可能だ。

昨年12月に中朝国境を訪れた旅行者は「中朝国境の交易は相変わらず盛んに行われており、トラックの往来も従来通りだった」とデイリーNKジャパンに明かした。

さらに、堀田氏は北朝鮮側から中国側へ「あるモノ」が輸出されていることに注目する。

北朝鮮から中国へ輸出されるエチレンガス

「中国から輸出された原油は、平安北道の烽火化学工場で精製され北朝鮮全土に回ります。実は、この工場で原油の副産物として生産されるエチレンガスが2014年も継続して中国側へ輸出されているのです。これだけ見ても原油輸出が停止していないことになります」

堀田氏は、2014年7月に中朝国境の河川においてパイプラインから原油が流出したことを想定した模擬演習が行われたとのニュースを丹東市のウェブサイトが報じているのを確認している。

2014年7月23日パイプライン事故を想定した模擬演習が行われた。
2014年7月23日パイプライン事故を想定した模擬演習が行われた。/丹東市サイトより

「パイプラインが稼働停止していれば、そもそもこんな演習をする必要がないですよね。もし原油が入っていなければガソリンやディーゼル油などの『加工油』として入っているかもしれませんが、少なくとも2014年11月までの最新統計では北朝鮮の中国からの製品油輸入量が大幅に増えてはいません」

北朝鮮が慢性的な燃料不足であることは間違いない。しかし、2014年の原油輸出量がゼロだとすると既に大きな影響が出始めてもおかしくはないが、現状ではそのような徴候は見られない。むしろ、平壌市内ではタクシー会社が設立されるなど、ガソリンの需要も日増しに増えている状況だ。

「原油輸出ゼロ」の統計発表の裏には、中国の何らかの政治的思惑があるのだろうか。韓国では「中朝関係の冷え込み」が背景にあると言われる一方で「裏で輸出されている」として、原油ゼロに焦点があてられ論争を呼び起こした。この論争についてはいまだに決定的な結論は出ていない。

そうでなくとも、北朝鮮経済は「統計上の経済」と「実体経済」に大きな差がある。どちらが真実か?というよりも両方の視点から実体を探るしか方法はない。

(文/デイリーNKジャパン編集長 高英起)

    関連記事