北朝鮮当局が一部地域の市場で外貨使用を規制しはじめた。外貨での取引はすっかり影を潜めたが、商人や客達は不便さを感じている。

工作機械から豆腐一丁まで人民元で

両江道(リャンガンド)のデイリーNKの内部情報筋は次のように伝える。

「昨年末から急に外貨の取締が始まった。新年に入ってからは外貨を使う人はほとんどいなくなった」

「高価な工業用機械から豆腐にいたるまで人民元で取引していたというのに使えなくなった」

「外貨使用が発覚したら外貨で売っている商品も没収されるので、ほとんどの人が北朝鮮ウォンを使うようになった」

北朝鮮では外貨の使用は法律で禁じられている。しかし、市場での外貨の使用は当然のように行われてきた。きっかけになったのが2009年に行われて大混乱を引き起こしたデノミだ。

ウォンの単位が100分の1に切り下げられ新旧紙幣の交換が行われたが、1世帯あたり交換できるのは10万ウォンまで、それを超える場合は没収というとんでもない措置が行われた。