金正恩第1書記が1日、実妹で朝鮮労働党副部長の金与正(キム・ヨジョン)氏を伴い、児童施設の平壌育児院、愛育院を訪問した。労働新聞2日付が報じた。「新年の辞」の演説を終えて訪問したものと見られる。

yeoj_child02
児童施設を訪問した正恩氏と、その後方に見える与正氏(労働新聞)

正恩氏は「新年の辞」の中で、「かわいい私たちの子供たちに、より明るい未来があるように祝福する」として、幼い世代への愛情を強調していた。

左手に結婚指輪?

労働新聞の紙面には複数の写真が掲載されたが、与正氏と見られる女性の姿がとらえられている点が注目される。与正氏は、正恩氏の公務に同行する場合でも、写真に収まることはめずらしい。

児童施設の訪問には与正氏のほか、韓光相(ハン・ガンサン)党財政経理部長、李在一(リ・ジェイル)党宣伝扇動部第1副部長が同行した。

なお、韓国紙・中央日報電子版は2日付で、労働新聞が掲載した写真の中の与正氏が「左手の4本目の指(薬指)に金色の指輪をはめている」として、「結婚したように見える」と報道した。また、聯合ニュースなどは同日、彼女の結婚相手は「崔龍海党書記の次男」などと報じた。

真偽のほどは、いまのところ不明。

    関連記事