新権力下3年で起こった5つの変化

金正恩が権力を握ってから3年。北朝鮮には様々な変化が生じた。まずは何がどう変わったのか見てみよう。

(1)金正恩は張成沢を処刑して恐怖政治を敷き独裁体制の確立にとりあえず成功した。

(2)国内での住民による市場化が急速に進んでいる。当局主導の変化ではなく、市場に引っ張られる形での変化である。中国共産党が改革開放を強く推し進めて人々がそれに従った形とは異なる。

(3)羅先(ラソン)を除く19の経済開発区への外国資本の誘致が完全に失敗した。馬息嶺(マシンリョン)スキー場などの観光事業が成功する可能性も低い。体制維持のための資金は海外に労働力を送り出して得ている。

(4)北朝鮮の人権問題が国際問題となりつつある。2014年3月の国連北朝鮮人権調査委員会(COI)による発表で北朝鮮政府は反人道的な犯罪集団の烙印を押された。外交活動が困難となり、政治、経済など分野での交流に消極的な国が増えて大ダメージを受けた。

(5)北朝鮮住民の外部世界からの情報へのアクセスがさらに進んだ。

政権掌握から3年で金正恩の権力基盤が安定したとの見方もあるが、それは北朝鮮の体制を理解できていないか、体制の裏側を見れていないためだ。