そして、韓国の主要メディアが軍などからの情報による裏付け報道を続ける中、北朝鮮東海岸に面した咸鏡南道新浦の潜水艦工場近くで「物証」が捉えられた。

ジョンズホプキンス大学の北朝鮮分析ウェブサイト「38NORTH」が10月28日、これまで未確認だった潜水艦と、「潜水艦発射型弾道ミサイル(SLBM)の垂直発射管実験装置」と見られるとする施設の衛星写真を公開したのだ。

    関連記事