張成沢粛清後の北の幹部達は?北朝鮮のナンバー2張成沢が処刑から1年が経った。最高指導者(金正恩)の叔父で絶大な権力を持っていた張成沢は、なぜ粛清され、なぜ処刑までされたのだろうか。

連行される張成沢
特別軍事裁判につれていかれる張成沢/朝鮮中央テレビのキャプチャー

まずは、昨年(2013年)12月13日に労働新聞が報じた張成沢の処刑を伝える判決文の一部を見てみよう。

「(張成沢は)歴史的な朝鮮労働党第3回代表者会議ですべての党員と人民軍将兵、人民の総意によって金正恩元帥を朝鮮労働党中央軍事委員会の副委員長に高く推挙したという決定が宣布されて場内が熱狂的な歓呼で沸き返る時、やむを得ず席から立ち上がっていい加減に拍手し、ごう慢不遜に行動してわが軍隊と人民のこみ上げる憤怒をかき立てた。
(2013年12月13日労働新聞より)

「いい加減に拍手をした」ことが処刑の理由とは滑稽な話だが、張成沢粛清の理由を端的に表しているかもしれない。すなわち、金正恩独裁体制に障害となる人物が粛清されたという意味である。

    関連記事