韓国で7月18日は三伏の最初の日で夏の訪れを知らせる「初伏」だ。本格的な暑さが始まり疲れ気味の体に活気を与え、食欲を高めるスタミナ食への関心が高まる。

韓国では参鶏湯や犬肉スープなどが人気の高いスタミナ食だ。三伏の暑さにスタミナ食を食べるのは北朝鮮も同じ。北朝鮮で最も人気のある代表的なスタミナ食には、犬肉スープ、「タッコム」、「ユジゴ」などがある。

北朝鮮の朝鮮中央通信は昨年7月13日、初伏を迎え「朝鮮の三伏節とスタミナ料理」という記事で「三伏節に入った最近、各食堂では夏バテに効果的なスタミナ料理が客の食欲をそそっている」と伝え、スタミナ料理の優秀性を詳しく説明した。

同通信はまた、三伏の「伏」の由来について「カエルも我慢できず湿った地に腹を当て伏せるとして『伏せる伏』の漢字が付けられた」と説明した。

▲2004年7月30日、北朝鮮の朝鮮中央通信が公開した平壌統一通りにある平壌犬肉食堂の犬肉料理。/写真=朝鮮中央通信キャプチャー

在日朝鮮人総連合会(朝鮮総連)機関紙の朝鮮新報のウェブ版は2006年8月、「犬肉はビタミンA、Bを含む多様なビタミンが含まれる。犬肉は消化がよく疲労回復によい」という長所があると伝えた。

朝鮮中央通信は2005年8月、「三伏節犬肉スープ」という記事で、三伏節料理のひとつとされる犬肉スープは滋養強壮と疾病予防、暑さ負け対策に適格だと褒め称え、「犬肉スープに粟飯を混ぜて食べれば暑さも忘れ虚弱症状もなくなる」という住民の声も紹介した。