田植えシーズンの5月中旬から6月まで、北朝鮮住民は1年で最も忙しい時間を過ごす。北朝鮮当局は食糧生産増進のため、この時期に住民を農村に総動員する。

「皆が田植え戦闘へ!」
「皆が田植え戦闘へ!」

「全党、全軍、全民が農村を支援せよ」との方針により、小学校、高等中学校、大学、軍人、企業所、女盟、人民班に至るまで全員参加が強制される。

この時期になると、当局は市場の営業時間を農村支援が終わる午後5時から8時までとする規制を設けるなど、その日暮らしの住民には苦難の連続である。

韓国にやって来た脱北者たちは「農村動員」をどう記憶しているのか。デイリーNKは学生、軍人、企業所、女盟、人民班などで農村支援に動員されたことのある脱北者にその実態を聞いてみた。

【トレンド記事】
北朝鮮の恐怖政治が生み出した流行語 「モヤシ頭」とは?
北のミサイル潜水艦開発に「日本企業」の影
【映像:単独入手】 北朝鮮で「生計型売春」が増加
ウワサの「北朝鮮コスメ」を試してみた! 先軍女子座談会