開城工業団地で働く北朝鮮の労働者の間で一番人気のおやつといえば「チョコパイ」。最近は「インスタントラーメン」も人気を集めている。チョコパイやインスタントラーメンをかけてバレーボールの「賭け試合」をしたりしている。

北朝鮮の労働者は昼休みを利用し、卓球やバレーボールなどのスポーツを楽しむ。ところが最近では賞品を賭けスポーツする光景がよく見られ、実際にインスタントラーメンやチョコパイなどを賭け試合を行っているという。

黄海南道(ファンヘナムド)のデイリーNK内部情報筋によると、最近、工業団地では韓国企業から提供されるインスタントラーメンとチョコパイを賭けてバレーボールの試合をする。試合で勝った組は喜び、負けた組は「次こそは!」と闘志を燃やしたりするらしい。

「おやつ抜き」の厳罰

それにしても、なぜそこまで盛り上がるのだろうか。