韓国の京畿道パジュ、ペンニョン島、江原道サムチョクに墜落した無人航空機が北朝鮮製と確認された。これは北朝鮮が韓国の主要施設の情報を探るため、かねてから準備してきたものと思われる。

韓国のパジュで発見された無人機(画像:韓国国防省)
韓国のパジュで発見された無人機(画像:韓国国防省)

韓国軍と情報当局は先月24日、パジュに墜落した無人機(ドローン)に搭載されていたエンジンと飛行制御コンピューターボードなどの主要部品を精密分析した結果、北朝鮮が青瓦台への攻撃に備えた偵察任務など事前演習を数回実施したことを把握したと明らかにした。