最近、シリアのアサド政権軍が民間人に対して化学兵器を使用したとの疑惑が高まっている。その中で、北朝鮮とシリアの生物化学兵器のつながりについて指摘する声が上がっている。

北朝鮮は1960年代から非対称戦力である核兵器と化学兵器を開発し、強力な生物化学兵器を配備していると言われている。脱北者と専門家は、化学兵器と関連する技術を大量に蓄積している北朝鮮が、外貨稼ぎのためにシリアに関連技術を提供したのではないかと証言する。

北朝鮮の平城(ピョンソン)理科大学で生命科学を専攻し、生物化学兵器開発に関与した経験を持つ北韓戦略情報サービスセンターのイ・ユンゴル代表は11日、デイリーNKに次のように語っている。

「北朝鮮は、肺などの器官を機能できなくする遺伝子変異に影響を及ぼす化学兵器研究を、平壌市の龍城(リョンソン)区域、咸鏡南道(ハムギョンナムド)の興南(フンナム)、慈江道(チャガンド)の江界(カンゲ)、平安南道(ピョンアンナムド)の宣川(ソンチョン)などで行っている」

「核と同様に化学兵器弾頭をICBM(大陸間弾道ミサイル)に搭載し、距離に関係なく攻撃できるようにするための研究も実施済みと思われる。国際社会が北朝鮮の核を主要な脅威要因としているが、北朝鮮が保有する化学兵器も注視すべき脅威であることを看過してはいけない」

    関連記事