昨年11月、北朝鮮を脱出した北朝鮮軍高位関係者は金正恩時代の最高実力者とされる崔龍海(チェ・リョンヘ)総政治局長と張成沢(チャン・ソンテク)国防委員会副委員長の間で軍部に対する影響力拡大を狙った暗闘が熾烈だと証言し、関心を集めている。

崔龍海は今年上半期、金正恩の公開活動に随行する頻度が最も多かった。同期間、崔龍海は金正恩の95回に渡る公開活動のうち、72回随行した。昨年、金正恩を最も多く随行した張成沢は今年上半期は25回にとどまった。こうした遂行頻度の逆転について多様な解釈がなされているが、崔龍海が権力の前面に浮上してきたという点では大多数の専門家の分析が一致する。

崔龍海は2010年9月、大将の軍事称号を受けた後、2012年4月に人民軍総政治局長に任命された。彼は党中央軍事委員会委員にもその名を連ねており、楓ハ的には金正恩に続く軍部ナンバー2である。最近では金正恩の特使として中国を訪問するなど、国内外における権威を固めている。

金正恩の信任のもとに崔龍海の地位が日に日に高まっているが、軍部内での彼に対する拒否感が少なくないとされる。秘書出身にもかかわらず軍部掌握のために総政治局長を務めているが、既存の軍部人士らが持つ、軍部とは距離のある「社会団体(金日成社会主義青年同盟中央委1秘書)」出身というイメージが拭いきれないためである。

張成沢と直間接的に関係がある軍部人士の影響で、崔龍海が軍部掌握に苦労しているのも事実である。最近に入り軍部人士に対する階級降格及び昇格が多発し、李英鎬(リ・ヨンホ)元総参謀長に続く玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)の早期解任も張成沢と崔龍海の葛藤の結果としてみる視点も存在する。

北朝鮮軍高位幹部出身の脱北者は「張成沢と崔龍海が談合し李英鎬を除去した後、二人が軍部で実力争いを起こしている。北朝鮮軍の特性上、あからさまに勢力拡張を図ることは難しいが崔龍海が人脈を拡大している様子は明らか。張成沢の強固な軍の人脈を意識し、崔龍海は軍団司令部と集団軍司令部、特殊戦司令部を中心に影響力拡大に拍車をかけている。過去、社労青事業当時、ともに活動した世代らが崔龍海の登場に合わせて軍内部でも目立ちだした。まだ張成沢ほどではないが崔龍海も軍内部で本格的に勢力固めをしていくのでは」と話した。

彼はさらに「北朝鮮の武力で政治的意味を持つ核心部隊のうち、護衛総局、特殊部隊、保衛司令部は依然として張成沢の影響力が非常に強い。金正恩の信任や総政治局長の立場をしてもまだ張成沢の地位を越えることは容易ではない」と分析。そのうえで「金正恩の権力が金正日に比べ不完全なため、張成沢と金慶喜(キム・ギョンヒ)、崔龍海がけん制と均衡を繰り返している。崔龍海が金正恩の後押しで張成沢に挑戦する可能性も排除できない」と話した。

最後に彼は「張成沢は軍部のみならず党と保衛部、保安部にいたるまで強固な基盤がある。さらには金慶喜と身分的かつ戦略的に結合している。しばらくは二人の間でけん制関係が続くのでは。もし張成沢と崔龍海が衝突する場合、北朝鮮で前例のない政治的抹翌ェ吹き荒れるだろう」と展望した。

反面、金正日時代からけん制を受けてきた張成沢が軍部に対し意味のある影響力を発揮するのは困難との推測も出ている。張成沢が屈強の権力を誇ってはいるが、軍部に対する掌握力は微々たるものと指摘される。

世宗研究所のチョン・ソンジャン主席研究委員はデイリーNKに「張成沢は頭の回転が速く政治的野心があるため、金日成時代からけん制の対象だった。金正恩が初期に張成沢に強く依存するような姿を見せたが、急速に張成沢に対する依存度が減少している。崔龍海は以前から北朝鮮指導部で特別な地位を占めてきた。張成沢が崔龍海よりも多くの権力を握っているといえるが、張成沢が軍部への影響力を行使し崔龍海と競争するとは考えにくい」と話した。

    関連記事