人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

韓国企業が多数進出している北朝鮮の開城工業団地。女性用の下着を作っているある企業が2007年6月、閉業の危機に追い込まれた。パッケージに外国の女性モデルの写真を使ったからだ。

北朝鮮側からは「どうしてこんな写真を使えるのか」と激しい抗議を受けたが、結局女性からなる包装作業の労働者以外の立ち入りを一切禁じることを条件に、ようやく稼働継続が認められた。

このエピソードを見ると、北朝鮮政府は性に関する件に非常に保守的で、厳格な基準を持っているように思えるが、実際はそうでもない。

北朝鮮は、庶民に対しては厳しい性の基準を要求するが、党幹部は比較的自由だ。自由を超えて、犯罪そのものであることもしばしばある。例えば、労働党への入党をエサに女性を誘惑することはよくあることだ。脱北者は「幹部たちは、権力を利用して愛人を囲う、内々の話で『愛人がいない』と言おうものなら、一人前扱いしてもらえない」と語る。

北朝鮮の幹部の間では1990年代中盤、男女の関係を淫らに描いた書籍や映像が流行した。北朝鮮では、性的表現を描いたものを「肉談」と呼ぶが、当時は幹部たちが「肉談集」、つまりエロ小説を回し読みし、それに関連したビデオテープも見ていた。今では、今では、海外から持ち込まれたポルノビデオに取って代わられた。

エロ大流行は金正日氏の趣味趣向の影響

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮で肉談集が出回るようになったきっかけを作ったのは、なんと金正日総書記だ。

金正日氏が1996年、咸鏡北道(ハムギョンブクト)にある名勝、七宝山(チルボサン)を訪れたときのことだ。

    関連記事