毎年5月31日は「世界禁煙デー」だ。1987年の世界保健機関(WHO)がタバコの弊害を知らせるために定めた日で、今年で26年目を迎える。

北朝鮮の労働新聞によると、北朝鮮の平壌でも、人民文化宮殿でWHO関係者と中央機関、社会団体活動家、労働者が参加して「禁煙の日」のイベントを開催した。

北朝鮮製のタバコ。クラベン(左)、727(中)、大同江(右)
北朝鮮製のタバコ。クラベン(左)、727(中)、大同江(右)

北朝鮮は喫煙率が高いが、禁煙政策は足踏み状態である。北朝鮮の15歳以上の男性の喫煙率は52.3%と、アジア最高水準であり、毎日喫煙する成人男性の割合も53%で、アジアでは、インドネシアの次に高いというWHOの報告もある。

北朝鮮では、すべての街角や主要な公共施設のどこでも喫煙が可能である。レストラン、公園、さらにはオフィス、劇場などでも自由に喫煙できる。列車の客室には「禁煙」という注意書きがあるが、無視する喫煙者が多い。