朝鮮人民軍(北朝鮮軍)当局は、徴兵検査の身長の合格基準を142センチまで下げた。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋によると、3月までの合格基準が145センチだったが、対象者の身長があまりにも低かったため、3月末からは142センチでも合格させるようになった。

市や郡の軍事動員部は、年齢が若いから入隊後に身長が伸びるだろうと2センチ低くしたと説明している。しかし、合格基準を緩和しても各地域に割り当てられた人数を満たせず、軍事動員部は頭を抱えている。