北朝鮮の女性たちが、自身の望む職場や仕事の楽な部署への配置換えと引き換えに「性接待」を強いられているとする研究報告書が出た。

イム・スニ統一研究院先任研究委員は9日、西大門区グランドヒルトンホテルで開かれた統一研究員主催の人権フォーラムで「北朝鮮では職業および職場選択の自由はないが、女性らがより良い職場、楽な部署に行くことを望む場合、党の幹部や職場の上司に性接待を行う場合がある」と明かした。

イム研究委員は「北朝鮮の女性たちにも好む職業、配置されたいと思う職場がある。党幹部や職場の上司は、こういった女性達を狙って、昇進または入党をエサに性的代価を要求することもある」と付け加えた。

幼い少女に「産婦人科検査」

また「北朝鮮社会において女性に対する性暴力は問題視されておらず、全般的な社会の雰囲気のせいで女性達は男性達の性暴力を受け入れるしかない状況である。職場内で性的暴行の事実が明らかになった場合は、むしろ被害者である女性が侮辱されたり不利益を受けることがあるので、女性は沈黙するしかない」と言った。

    関連記事