人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

国内での移動すら自由にできない北朝鮮の人々にとって、海外に出ることなど、夢のまた夢だ。貿易業に従事している、労働者として派遣される、外国に住む親戚を訪ねると言った明確な理由があり、非常に面倒なパスポート発行のための審査を経て、ようやく出国が実現する。

出国が認められる理由の中に、留学がある。当局は、今まで首都・平壌在住者に限っていた留学対象者を地方に拡大する方針を示した。しかし、当の学生や親たちは、尻込みにしている。咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋が伝えた。

咸鏡北道の教育部は、中央からの特別指示に基づき、エリート養成機関である咸鏡北道第1高級中学校(高校)から、秀才中の秀才を選んで、外国に留学させる対象者としている。その数は10人程度で、選抜作業は今月末まで行われている。

今回の特別指示は、極秘のものだったが、朝鮮労働党咸鏡北道委員会(道党)や教育部の幹部を通じて、話が外部に漏れたという。

咸鏡北道保衛局(秘密警察)は、選ばれた生徒の文件(成分、賞罰などの個人情報をまとめたファイル)を見て3ヶ月間にわたって身元照会を行い、土台(身分)が確実だと判断された者は、10月中旬まで道党組織部預かりとなる。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

(参考記事:【徹底解説】北朝鮮の身分制度「出身成分」「社会成分」「階層」

現在はコロナ対策で国境が封鎖されているため、出国できず、平壌でしばらく講習を受けた上で、来年春になって中国など複数の国に送り出される予定だ。

このように、優秀な人材を毎年、より多く選び出して、留学に送り出すのが政府の方針だと、情報筋は説明する。今までは平壌出身の生徒を対象にしていたが、地方在住の秀才が機会を得られないまま埋もれてしまっているとの意見を受け、より競争を煽り、国にとって必要な人材を選びぬくため、地方出身の生徒も対象に含まれるようになり、今後さらに地方枠を拡大するとのことだ。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

留学生であれ何であれ、選抜過程で黒いカネが飛び交うのが北朝鮮の常。政府は、主催を外国に送り出し、外交、経済、国防、科学部門に必要とされる人材を育成するのが目的なのに、選抜基準をワイロや幹部の子どもとするのは政策に反する、実力と土台だけを見て選抜せよと強調している。

道党組織部は、教育部に人材の選抜を急がせているが、咸鏡北道保衛局は、両親と真実を持って身分照会を行って党に報告し、問題が生じた場合には、責任を負わされるとしている。

(参考記事:ロシアに派遣予定の北朝鮮労働者「痩せすぎ」で1割が不合格に

地方枠が広がり、成績優秀な生徒やその親は喜んでいるかと思いきや、幹部やトンジュ(金主、新興富裕層)は、留学にあまり乗り気ではないようだ。その理由は次のようなものだ。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

「外国に行ってくれば、保衛部から絶え間なく監視を受けることになる」(情報筋)

留学先でどんな勉強をして、どんな暮らしをしているか、家族に話すのはごくごく当たり前のことだが、「どこそこの国は、北朝鮮と違ってこんないい暮らしをしている」と言った、体制にとって都合の悪い海外情報の流入遮断に躍起になっている保衛部から、情報を外に漏らさないかと厳しい監視を受けることとなり、それを嫌っているのだ。

厳しい監視下に置かれるのは、留学生当人も同じだ。

留学は、単に知識を習得するだけでなく、現地の文化風習を知り、様々な国出身の学生との交流を通じて人脈を築くなど、様々な意味があるが、外国文化の流入を嫌う当局は、自国の留学生が他国、特に韓国出身の留学生と交流していないかを監視し、北朝鮮に連れ戻し、思想教育を受けさせ、最悪の場合は、学業を突然中断することを命じたりもする。

(参考記事:北朝鮮の留学生が怯える「恐怖の夏休み」…家族と生き別れの例も

    関連記事