人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

第70条 公民は労働の権利を有する。労働の能力があるすべての公民は希望と才能に応じて職業を選択し、安定した職場と労働条件を保証される。公民の能力に応じて働き、労働の量と質に応じて分配を受け取る。

これは、職業選択の自由を謳った北朝鮮の社会主義憲法の条文だ。ところが、現実は異なる。北朝鮮には身分制度が存在し、職業選択はもちろんのこと、社会生活のすべての面において優遇または差別を受ける。この身分制度は一般的に「成分制度」などと呼ばれる。

北朝鮮当局はその存在を決して認めようとしないが、多くの脱北者の証言により、その存在は明らかになっている。また、制度の存在を裏付ける文書も存在する。

筆者は最近、この成分制度を説明する北朝鮮の公式文書、「住民登録参考書」(以下、参考書)を入手した。1993年に社会安全部(現人民保安省)出版社から出版された絶対秘密文書である。当局はその存在を決して認めようとしないが、多くの脱北者の証言により、その存在は明らかになっている。

この本については、朝鮮日報が2007年に紹介しているが、ここで改めて、より詳しく説明する。

出身成分、社会成分

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮国民が持つ身分は「出身成分」、「社会成分」そして「階層」の3つで、満17歳になる日に与えられる。ただし、海外出身者の場合は北朝鮮入国後に与えられる。まずは、成分について説明する。

出身成分は、本人が産まれた時から満17歳になるまでの間に、親が何をしていたかに基づいて与えられる。社会成分は、本人の北朝鮮社会における地位を表す。一般的に、最も長く行っていた活動、携わっていた職業に基づいて決められるが、例外もある。

成分は、革命家、職業的革命家、労働者、軍人、貧農、農民、農場員、高農、中農、富裕中農、農村の什長(現場監督)、富農、地主、事務員、学生、手工業者、什長、中小企業課、愛国的商企業家、企業家、小市民、中小商人、商人、宗教者、日帝(日本の植民地時代)の官吏の25種類だ。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

出身成分が悪い人でも、金日成主席を助けた過去があるとすれば、特殊な成分を持つようになる。例えば、金日成部隊を支援した「企業家」は「企業家(革命支援者)」となり、同じ企業家でもずっといい成分となる。また、植民地支配から解放された直後に、北朝鮮の政権を積極的に支援した「富農」も「富農(建国事業支援者)」となり、いい成分となった。

一般的に、成分を決定するのは保安署(警察署)だが、革命家や革命的革命家の場合は、朝鮮労働党中央委員会の許可が必要となる。この革命とは、一般的な意味の政権の打倒のみならず、社会主義政権での活動をも含む。この概念には、北朝鮮が毛沢東時代の中国からの影響が見て取れる。北朝鮮政府の官僚となった金日成部隊出身者は「職業的専門家」となるが、金日成部隊以外で抗日活動を行っていても「革命家」としての登録は困難だ。

出身成分は一度与えられると変更されないが、社会成分は必ずしもそうではない。例えば、3年以上軍に勤務した場合、「軍人」の社会成分を得られる。「革命家」「職業的革命家」の次にいい「労働者」の成分を得るには、次の条件のうち一つを満たさなければならない。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

•植民地支配から解放後に国の機関、工場、企業所(協同組合を含む)、科学、教育、文化、医療、商業流通、利便性奉仕部門などで肉体労働を3年以上行う

•主要対象建設に連続して参加し、肉体労働を3年以上行う

•大学を卒業後、3大革命小組の人たちと共に事業を行う

階層

階層は、出身、仕事、思想を考慮して決められる。それは、基本群衆(核心階層)、複雑な群衆(動揺階層)、敵対階級残余分子(敵対階層)の3つだ。

基本群衆に含まれるのは、革命家、革命家家族、職業的革命家、栄誉軍人、栄誉戦死者、接見者、英雄、功労者、除隊軍人、戦死者家族、被殺者家族、社会主義愛国犠牲者家族など13の成分だ。

参考書によると、接見者とは「偉大なる首領金日成同士と敬愛する最高司令官金正日同志が直接お会いになり、高い政治的信任と配慮をされた人」または「お会いにならなかったが、直接英雄の称号の授与を推薦なされたり、(労働党に)入党させた人」と説明している。

複雑階層に含まれるのは、人民軍隊入隊忌避者、人民軍隊列脱出者、帰還軍、帰還市民、反動団体加担、日帝機関服務者、解放戦士、建設隊除隊者、義挙入北者、10支隊関係者、金剛学院関係者、政治犯教化出所者、宗教家、越南者家族、処断された者の家族、逮捕された者の家族、政治犯教化者の家族、捕虜になったが帰ってきていない者の家族、海外脱出者の家族、地主の家族、富農の家族、隷属資本家の家族、親日派の家族、親米派の家族、悪質宗教家の家族、宗派分子の家族、宗派連座者の家族、スパイの家族、農村の什長の家族、企業家の家族、商人の家族など31の成分だ。

金剛学院、10支隊の関係者とは、粛清された南朝鮮労働党(南労党)の関係者を指す。南労党系の朝鮮人民遊撃隊独立第10支隊隊長の孟鍾鎬(メン・ジョンホ)は、1953年に南労党委員長の朴憲永(パク・ホニョン)らと共に、米帝のスパイとして死刑判決を受け粛清されている。また、金剛学院(金剛政治学院)は、韓国に派遣する工作員、地下党組織幹部を養成する機関で、南労党の勢力基盤となっていた。つまり、北朝鮮では絶対的に存在が許されない、宗派(分派)と同じ扱いだ。

また、一度でも韓国で暮らした経験を持つ人も、この階層に組み込まれる。朝鮮戦争に韓国軍として参戦、捕虜になり朝鮮人民軍に入った解放戦士、朝鮮戦争で人民軍の捕虜になった人が入れられた建設隊の出身者、韓国軍の捕虜となり帰還した軍人や市民、自ら望んで韓国から北朝鮮に入国した義挙入北者などだ。

敵対階層に含まれるのは、地主、富農、隷属資本家、親日派、親米派、悪質宗教家、宗派分子、宗派連座者、スパイ、農村の什長、企業家、商人など12の成分だが、参考書にはこの階層の人はあまり残っていないと記述されている。

ちなみに、「朝鮮労働党員」という成分や階層に関しては記載がなく、「党員の成分は保安署ではなく党委員会が決定する」とだけ書かれている。

世襲される身分

成分と階層は基本的に親の影響を受ける特徴を持っている。父親の社会成分が、その子どもの出身成分として引き継がれるという仕組みだ。参考書によると、つぎのような場合に成分が変更される。

•人民軍や人民警備隊で(勤務後に)除隊した場合

•教化所などから出所した場合

•本人の階級的土台、社会政治生活の経緯、家族、親戚などを客観的に把握できず、成分と階層が規定できない場合

•罪科がなくなったり、取り消された場合

現行の階層は特殊、核心、基本、動揺、敵対

1993年の参考書には、成分変更に関する規定がなかったが、筆者がよく知る保安署での勤務経験を持つ脱北者の証言によると、1990年代後半の深化組事件の後で階層制度が変わり、特殊、核心、基本、動揺、敵対の5つの階層に分けられた。また、動揺から基本へ、基本から核心に変更する方法もできた。ただし、特殊階層に上がったり、敵対階層から抜け出す方法は存在しない。

(参考記事:血の粛清「深化組事件」の真実を語る

「参考書」には成分と階層以外にも、政治犯収容所に関する記述がある。政治犯収容所の公式名称は管理所で、1993年当時、第18号管理所は安全部所属で、残りは保衛部第7局所属だった。これは管理所の警備兵として勤務経験を持つ安明哲さんの証言と一致する。

(参考記事:若い女性を「ニオイ拷問」で死なせる北朝鮮刑務所の実態

参考書にあるものだけでなく、ないものも重要だ。金日成主席、金正日総書記など金氏一家の成分や階層に関する情報はない。金氏一家の成員は登録対象ではないと何度も聞いているが、そんな事実がここで確認された形だ。

また、参考書には金日成氏の抗日パルチザン部隊について言及されているが、朝鮮人民革命軍に関する記述ははなかった。北朝鮮は、金日成氏の朝鮮人民革命軍こそが、日本帝国主義を撃ち破った勢力だと主張している。

許されざる制度的な身分制度

最近ではかなり緩和されたとの報道もあるが、金日成時代には成分が良くない人は出世の道が断たれていた。平壌に行くことも、大学や軍隊に入ることもできず、配給の面でも差別を受けた。逆に、金日成部隊にいたパルチザンの子孫は、いとも簡単に出世し、エリートグループに入ることができた。

言い換えると、成分、階層制度の目的は、北朝鮮の政権そのものが世襲制であるのと動揺に、北朝鮮社会そのものを世襲制にすることにある。北朝鮮が、新たな封建主義的な制度を構築したことが、この参考書に現れているのだ。

国連人種差別撤廃委員会は2002年、「『世系』に基づく差別がカーストおよびそれに類似する地位の世襲制度等の、人権の平等な享有を妨げ、または害する社会階層化の形態に基づく集団の構成員に対する差別を含む」との一般的勧告29が策定された。つまり、北朝鮮の身分制度は、差別であり、決して許されない人権侵害ということだ。

    関連記事