人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

新型コロナウイルスに加え、「急性腸内性伝染病」の感染が広がっている北朝鮮の黄海南道(ファンヘナムド)。正確な病名は明らかにされていないが、腸チフス、コレラ、赤痢などの病気を指すものと思われている。

北朝鮮の国営メディアは、金正恩総書記が、自宅に備置していた医薬品を黄海南道などの患者に送ったことを、美談として大きく宣伝している。だが、平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK内部情報筋は、「感染症で苦しんでいるのは、黄海南道だけではない」として、現地の感染状況を伝えている。

(参考記事:北朝鮮の「急性腸内性伝染病」、少なくとも800世帯で発生、コレラ、腸チフスか

平安南道では、平原(ピョンウォン)、粛川(スクチョン)、文徳(ムンドク)、安州(アンジュ)など、大穀倉地帯「十二三千里平野」を中心とした地域で、腸チフスやコレラの患者が多く発生している。

患者には発熱、食欲不振、徐脈、下痢、腰部のバラ疹などが症状として見られ、これらは腸チフスの典型的な症状だ。防疫当局は当初、新型コロナウイルスと診断していたが、後になって腸チフスやコレラと診断を変更した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

治療には抗生剤が有効とされているが、医薬品価格の高騰、品薄で、薬局や市場では手に入らない。ワクチンも存在するが、入手は困難で、地域担当の医師は、衛生管理の徹底を呼びかけるにとどまっている。

(参考記事:コロナ急増の北朝鮮で医薬品価格が3倍に…品薄も深刻

これらの感染症はいずれも汚染された水を通じて感染する。北朝鮮の地方では、下水道設備が整っておらず、共同水道や井戸を使用し、肥料として人糞を使っていることもあって、感染症が広がりやすい。

当局は、平壌市内のタワマンの完成を大々的に宣伝しているが、そこから北にわずか50キロしか外れていない地域でも、基本的なインフラすら備えられていないのが、北朝鮮の極端な地域格差だ。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

一方、腸内性伝染病で苦しめられている黄海南道では、結核性リンパ節炎なる病気や、正体不明の「新型高熱病」まで流行していると伝えられている。

(参考記事:北朝鮮を揺るがす正体不明の「新型高熱病」…コロナと腸チフスに続き

    関連記事