人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

新型コロナウイルスの感染が続く北朝鮮で、新たな病気が広がっている。

国営の朝鮮中央通信は16日、黄海南道(ファンヘナムド)海州(ヘジュ)市で、急性腸内性伝染病の感染者が発生したと報じたが、17日には、朝鮮労働党中央委員会の組織指導部、宣伝扇動部の責任イルクン(幹部)の家族のもとにある医薬品を、現地の800世帯に送るように手配したと報じている。

この800世帯が、感染者全体か否かは不明だが、少なくとも1000人程度が感染しているものと考えられる。

(参考記事:コロナ禍の北朝鮮で「急性腸内性伝染病」発生=朝鮮中央通信

この急性腸内性伝染病について、朝鮮中央通信は具体的な病名に触れていないが、韓国メディアは、腸チフスやコレラではないかとの見方を示している。実際、これらの水飲性感染症は、北朝鮮で頻繁に発生している。

(参考記事:国境警備隊「壊滅」も…北朝鮮で別の感染症、金正恩氏が対策指示

    関連記事