人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

北朝鮮の金正恩総書記は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、自分専用のものを含め、幹部らの自宅用の常備薬を集めて黄海南道(ファンヘナムド)の困難な世帯に伝達したと、国営朝鮮中央通信が報じている。

実際に、一部では医薬品が届けられているようだが、どうもコロナ治療の現場で切実に求められているものではなかったようだ。平壌のデイリーNK内部情報筋が伝えた。

(参考記事:「金正恩印の愛の常備薬」の出どころは朝鮮労働党の末端党員の薬箱

朝鮮労働党機関紙・労働新聞は先月14日、コロナ治療に必要な薬として、抗ウイルス剤のインターフェロンアルファー2b、セフトリアキソンや、解熱鎮痛剤のアセトアミノフェン、イブプロフェンなどを挙げているが、平壌市郊外の楽浪(ランラン)、恩情(ウンジョン)区域の隔離施設に、実際に届いた医薬品にはそれらは含まれていなかったという。

では、届いたものとはどんな薬か。

まずは牛黄清心丸。強心剤として使われているが、非常に高価なものだ。次に安宮牛黄丸。脳血管障害に使われる薬で同じく高価なものだ。そして敗毒散。こちらは化膿を抑える薬だ。つまり、いずれも漢方薬だ。

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

なぜ漢方薬ばかりが届いたのか。そもそも金正恩氏が自ら提供した薬がこのような漢方薬で、高位幹部も「薬を供出すべき」というプレッシャーを感じて実際にそうしたのだが、情報筋の説明では「金正恩氏が出したものより、良質な薬を出すわけにはいかない」ということで、わざわざ漢方薬を購入して供出したということらしい。

しかし、アセトアミノフェンと牛黄清心丸、安宮牛黄丸を比べると、後者の方が高価なため、逆に「金正恩氏のものより、安い薬を出すわけにはいかない」という心理が働いた可能性も考えられる。いずれにせよ、このような非常時においてすら、上部の意向と他人の目を極度に気にする北朝鮮らしい選択と言えよう。ちなみに末端の幹部は、アスピリンなど比較的安価な薬を供出したとのことだ。

金正恩氏が国産の漢方薬を供出したことについては、最高指導者が輸入品の医薬品を常備していることとなれば、国民の間から批判の声が上がりかねないことを意識したためだとの見方もある。

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

ちなみに、これらの薬には解熱鎮痛効果があるため、まったく的外れな処方とは言えない。なお、上述の労働新聞の記事には、「症状の軽い患者には漢方薬の使用が重要」だとし、これら3種類の漢方薬に加えて、これまた高価な金銀花(スイカズラ)も合わせて紹介されている。

ただ、漢方薬の使用によって問題も引き起こされているようだ。

情報筋はその例として、黄海南道の(ヘジュ)の中等学院(孤児院)に住む9歳の子どもに、学校で勤務する医師が漢方薬を与えたところ、倒れてしまい病院に担ぎ込まれたという話をしている。不適切な処方だったのか、品質管理に問題のある薬だったのか、あるいは北朝鮮で蔓延っているニセ薬だったのか、詳細は不明だ。

(参考記事:コロナ禍で医薬品不足が深刻化する北朝鮮で蔓延る「ニセ薬」

    関連記事