人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の金正恩総書記の妹である金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党副部長は4日、「南朝鮮(韓国)は主敵ではない」としながらも、韓国側が軍事的対決を選択した場合には核兵器の使用をためらわないとする談話を出した。朝鮮中央通信が伝えた。

韓国では徐旭(ソ・ウク)国防相が1日、陸軍ミサイル戦略司令部の改編式の席上、「(北朝鮮の)ミサイル発射兆候が明確である場合は発射点と指揮・支援施設を打撃できる」と発言。金与正氏はこれを「先制攻撃」に言及したものとみなし、2日付の談話で「狂っている」などとして激しく反発した。

(参考記事:「深刻な脅威に直面する」金与正氏ら韓国を非難…先制攻撃言及で

続いて出した4日付の談話では、「南朝鮮軍がわが国家に反対するいかなる軍事行動を取らないなら、われわれの攻撃対象にならない」と宣言。さらに、「誰かがわれわれに手出ししないなら、われわれは決して誰かを先に攻撃しない」と強調した。

その一方、「南朝鮮がいかなる理由であれ、かりに誤判によってであれ、徐旭が言及した『先制打撃』のような軍事行動に出るなら、状況は変わってしまう」としながら、「南朝鮮がわれわれと軍事的対決を選択する状況が到来するなら、やむを得ず、われわれの核戦闘武力は自己の任務を遂行しなければならなくなる」として、有事に核兵器の使用をためらわない姿勢を示した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

さらに、「核戦力の使命はまず、そのような戦争に巻き込まれないようにするのが基本」だとする一方、戦争になれば「その使命は他方の軍事力を一挙に取り除くことに変わる」とし、また「戦争の初期に主導権を握り、他方の戦争意志を焼却し、長期戦を防ぎ、自己の軍事力を保存するために核戦闘武力が動員されることになる」と明らかにした。

    関連記事