人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮は24日、金正恩総書記の立ち会いの下、新型大陸間弾道ミサイル「火星砲ー17」型の発射実験を行った。朝鮮中央通信が25日、報じた。

韓国軍合同参謀本部によると、火星砲ー17(火星17)は平壌の順安(スナン)飛行場から朝鮮半島東の海上に向けて発射された。日本政府の発表によれば、青森県沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下した可能性がある。

朝鮮中央通信によると、金正恩氏は23日、「新型ICBMの試射を断行する」ことに関する命令書を下達。24日には実験場を訪れて、発射実験の全過程を直接指導したという。

同通信は、金正恩氏は「特に新型大陸間弾道ミサイル開発事業を最重大視し、毎日のように細心な指導と方向を与えて「火星砲ー17」型兵器システムを主体的力の凝結体、自力更生の創造物に、朝鮮戦略武力の核心打撃手段、頼もしい核戦争抑止手段に完成させてきた」と伝えた。

同通信は、火星17型は、「周辺国家の安全を考慮してロフテッド軌道で行われた」「最大頂点高度6248.5キロメートルまで上昇し、距離1090キロメートルを4052秒飛行して、朝鮮東海の公海上の予定水域に正確に弾着した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

金正恩氏は、「誰であれ、わが国家の安全を侵害しようとするなら、必ず凄絶な代償を払うことになるということをはっきり認識させるべきだと述べ、わが国家防衛力はいかなる軍事的威嚇・恐喝にもびくともしない強大な軍事技術力を整え、米帝国主義との長期的対決を徹底して準備していく」と語った。

金正恩総書記は、「朝鮮民主主義人民共和国戦略武力は米帝国主義者のいかなる危険な軍事的企図も徹底的に阻止し、抑止する万端の準備態勢にある」と強調した。

    関連記事