「豚のエサを食えというのか」金正恩の”特別配給”に国民激怒

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

2月1日の旧正月に向けて、北朝鮮の鉱山では労働者に対して食糧配給が行われた。かつてはふんだんな配給が行われていたが、国際社会の制裁で輸出ができなくなったことに加え、一昨年1月からのコロナ鎖国で、遅配、欠配が続いていた。

今回は久々の配給となったが、受け取った労働者からは不満の声が上がっている。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

(参考記事:北朝鮮の鉱山で食糧配給が全面中断「ネコババ」で食いつなぐ労働者

両江道(リャンガンド)のとある鉱山で働く情報筋によると、旧正月を控えて、鉱山の後方部(補給担当部署)から労働者に対してトウモロコシが配給された。ここは国が重要視する鉱山だけあり、他の鉱山では考えられないほどの配給が行われてきたという。

ところが、今回トウモロコシを受け取った労働者たちは、あまりの質の悪さに言葉を失うほどだったという。水気が多く、染み出した汁が凍りつき、そこにびっしりとカビが生えていたとのことだ。これでも、飢餓にあえぐ軍の末端兵士と比べればいく分マシとは言え、それで納得できるものでもない。

(参考記事:北朝鮮「骨と皮だけの女性兵士」が走った禁断の行為

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

情報筋の家では、家族総出で、受け取ったトウモロコシの選別作業を行ったが、中には受け取ったトウモロコシの3分の1にカビが生え、豚のエサに回さざるをえなかった家もあったとのことだ。

当然、労働者は不満たらたらで、「こんなものを食えとよこしたのか」との声が上がったという。鉱山の後方部は「郡の糧政事業所から受け取ったものを、そのまま配給したに過ぎない」としつつも、頭を下げたとのことだ。

こんな事になった原因について、情報筋は輸送時に貨物列車の無蓋車(屋根のない列車)を使ったためではないかと見ている。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

「屋根のない貨物列車でトウモロコシを輸送し、途中で雪に当たって凍ったと言われれば、さもありなんと思う。問題はこんなことが一二度ではないことだ」

(参考記事:国と軍に納めたはずのコメが次々に消えていく北朝鮮の謎

頻繁な停電で貨物列車は遅れ、届いたころにはすっかり傷んでいる、などといった事例は今までも何度も報告されている。

(参考記事:「将軍様がくださった下痢」…ハタハタ食べた北朝鮮兵士が倒れる

    関連記事