朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の兵士が、食中毒と思われる症状で次々に倒れる事態が起きている。配給された食品に問題があったものと思われる。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋によると、水害被災地の入居を祝う行事に参加した中央の幹部が、国境警備隊の視察に訪れた。これは、「兵士たちの食生活を点検せよ」という金正恩党委員長の指示によるものだ。

視察の報告を受けた金正恩氏は「警備隊の兵士は思想戦線の最前線を守る哨兵」と述べ「彼らに、中国人をうらやましがらないレベルの食事を準備せよ」との指示を下した。