人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の国防科学院は9月30日、新型の対空ミサイルの試射を行った。朝鮮中央通信が伝えた。朝鮮労働党の朴正天(パク・チョンチョン)書記が立ち会ったという。

同通信によれば、試射は「対空ミサイルの総合的戦闘性能と共に発射台、探知機、戦闘総合指揮車の運用実用性を実証すること」を目的に行われた。

結果、「双舵制御技術と2重インパルス飛行エンジンをはじめ重要新技術の導入によってミサイルコントロール・システムの速応性と誘導正確度、空中目標掃滅距離を大幅に増やした新型対空ミサイルの驚くべき戦闘的性能が検証された」という。

    関連記事