人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

韓国デイリーNKの北朝鮮軍消息筋は11日、弾道ミサイルを運用する戦略軍に対し、いつでも発射実験を実施できるよう指示する武力総司令官(金正恩総書記)の特別命令が下されたと伝えた。命令は9日に伝えられたという。

北朝鮮は、米韓合同軍事演習が10日から開始されたことを受けて、金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党副部長と金英哲(キム・ヨンチョル)党部長による非難談話を2日連続で出した。特に金英哲氏は「(韓国に)おびただしい安保危機が迫っている」として、軍事行動による報復を示唆した。

(参考記事:「先制攻撃能力を強化していく」北朝鮮の金与正氏、米韓軍事演習を非難

消息筋によると、金正恩氏は特別命令で「実戦配備された、(今後)実戦配備される多種の弾道ロケット実戦訓練を急ぎ、命令が下されたならば敵どもを素早く核で攻撃できるよう準備せよ」と指示。また、「敵どもが無謀な戦争挑発演習を繰り広げながら北南関係を悪化させている」としながら、「戦略軍のすべての火星砲兵部隊、弾道ロケット部隊は恒常的な発射待機状態を取り、決戦の準備態勢を維持せよ」と命じたという。

金正恩氏はさらに、咸鏡南道(ハムギョンナムド)の(永興(ヨンフン)、宣徳(ソンドク)、連浦(リョンポ)と平安北道(ピョンアンブクト)の亀城(クソン)、平安南道(ピョンアンナムド)の順川(スンチョン)、江原道(カンウォンド)の通川(トンチョン)の試験場に言及しつつ、発射準備を進めるよう指示したという。

    関連記事