人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

今では発表されなくなったが、かつて北朝鮮の朝鮮労働党は共同スローガンというものを出していた。その年の政治・経済政策の目標をダラダラと並べたものだが、中には一見、奇妙に思えるものも含まれていた。2015年版のスローガンには、次のようなものがある。

「キノコ生産を科学化、集約化、工業化して、わが国をキノコの国にしよう!」

(参考記事:「強盛大国」から「キノコの国」へシフト鮮明 北朝鮮で343の新スローガン

全国的にキノコ栽培キャンペーンが繰り広げられ、国営メディアでも頻繁に取り上げられていた頃のことだが、2018年以降、報道はすっかり減ってしまった。

大方、鶴の一声で大々的に始めてはみたものの、思ったようには進まず尻すぼみになった――という感じだろう。ところが、最近になって再び「キノコの国」化計画に火が付いたようだ。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋は、農業省が5月10日、全国の機関、工場、企業所、協同農場に対して、人民生活向上のためにキノコを増産するように指示を下したと伝えた。

増産に当たっては、農業科学院のイルクン(幹部)、道、市、郡、区域の行政機関の責任イルクンが先立って乗り出すように、事細かくノルマを課した。

過去のキノコ栽培では、キノコの菌糸を植える培地の問題を科学的に解決できなかったが、今回は金日成主席、金正日総書記の遺訓と朝鮮労働党第8回大会で示された課業の貫徹、人民生活の向上という原則で、農業科学院とすべての生産現場のイルクンが科学的、実利的に問題を解決すべきだと指摘した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

過去の培地のどこに問題があったか情報筋は指摘していないが、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の機関紙・朝鮮新報は2006年8月19日、シメジの栽培には、トウモロコシの実の中身に泥、鶏の糞を混ぜた培地が使われていると紹介している。

今回の指示では、北部山間地では従来どおりトウモロコシの実の中身を使い、平安道(ピョンアンド)、黄海道(ファンヘド)などの稲作地帯ではワラを使うよう要求している。

また、地方の行政機関に対しては今年から来年3月を、国家経済発展5カ年計画の中のキノコ増産の礎を築く期間に定めて、生産現場と協力して、現場の実情に応じて計画を修正、効率を高めるべきとも要求している。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

今回の指示に合わせ、各現場は元々あった培地を取り壊し、農業科学院が示した技術指標に合わせて新たに培地を作り、栽培担当者の養成、肥料散布技術の研修、ビニールハウス内部の環境改善など、今までのやり方をすべて変えろとの要求を突きつけられている。

長年に渡って現場の実情に合わせて最適化された培地や菌糸をすべて廃棄せよという今回の強引な指示に、現場からは不満と諦めの声が上がっている。

北朝鮮のチュチェ(主体)農法の問題点の一つとして指摘されているのは、気候条件や現場の声などを無視して、トップダウンで「農業技術」「研究結果」を押し付けるやり方だが、相変わらず全く同じやり方を踏襲してしまっているようだ。これではいつまで経っても「キノコの国」にはなれないだろう。

(参考記事:「現場はまったくやる気なし」北朝鮮の農業不振対策

    関連記事