人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

北朝鮮の外務省軍縮・平和研究所は25日、米国の対北朝鮮政策は「侵略的で略奪的」だと非難する研究報告書を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

朝鮮戦争が勃発してから70年を迎えた日に、米国の対北政策を非難することで、朝鮮戦争や現在の米朝対立における北朝鮮の正当性を強調した。

報告書は、「朝鮮戦争は米国の対朝鮮敵視政策の必然的な所産である」としながら、米国は1845年から朝鮮を侵略しようとしていたと指摘した。

また、「米国は1950年6月25日4時、ついにかいらい軍をあおり立てて朝鮮戦争を挑発した」とし、国連を通じて北朝鮮を「戦争を起こした『挑発者』」に,、朝鮮戦争を「侵略」に仕立て上げたと主張した。

報告書は、休戦後も米軍が韓国に駐屯して核兵器を搬入したり、数々の米韓合同軍事演習を行ったりしたことにより、朝鮮半島が「核戦争が勃発しかねない世界最大のホットスポットと化した」と述べた。

人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

そのうえで、米国の脅威に対して、「残った最後の選択はただ一つ、核には核で対抗することだけであった」とし「米国がわれわれをあくまで核保有に進ませた」と核開発を正当化した。

    関連記事