人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮では、何らかの政治的記念日に合わせて赦免、つまり恩赦が行われる。

金正恩氏が政権の座に就いて以降、2012年4月15日の金日成氏生誕100周年、2015年10月10日の朝鮮労働党創建70周年などに合わせて大規模な赦免が行われた。

2018年には、9月9日の建国70周年を控えて8月1日から赦免を実施し、管理所(政治犯収容所)を除くすべての教化所(刑務所)に収監されている受刑者に対して一律3年の減刑を行われ、多くの人が釈放された。

(参考記事:北朝鮮「大赦」で受刑者の釈放が始まる

これは、北朝鮮の基本である「贈り物政治」の亜種とも言える。つまり、全人民は高い徳を持った最高指導者の思し召しで幸せに暮らすことができるという人徳政治(徳治主義)だ。

北朝鮮でよく見られる「首領福」「将軍福」などのスローガンは、徳の高い指導者に国を治めてもらえることは、北朝鮮国民だけが享受できる僥倖であるという意味合いが込められている。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮が民族最大の名節(お祝いの日)とする太陽節(金日成主席の生誕記念日)の今月15日に際して、大規模な赦免が行われ、当日の午前に全国の教化所、集結所、労働鍛錬隊に収監されていた多くの人が釈放されたと、デイリーNKの内部情報筋が伝えた。

従来は、一律に減刑し、それにより刑期を終えたことになる人を釈放する形を取っていたが、今回は模範囚に対する褒章という形で行われた。

平安北道(ピョンアンブクト)のデイリーNK内部情報筋は、价川(ケチョン)教化所では赦免の準備が今月初めから始まり、15日に合わせて数十名が釈放されたと伝えた。その多くは2〜3年の刑を受け、1年程度受刑した模範囚だった。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

また、咸鏡北道(ハムギョンブクト)の会寧(フェリョン)でも数十人が、茂山(ムサン)でも複数の人が釈放され帰宅した。保安員(警察官)からは「最高領導者同志(金正恩氏)の配慮に応える気持ちで娑婆に出て熱心に働け」との言葉をかけられたという。

今回の赦免は、受刑者の家族にとっても予想外の出来事だった。今年の光明星節(2月16日の金正日総書記の生誕記念日)に何もなく失望していたところに降って湧いたからだ。今回の措置で「整周年(5や10で割り切れる年)には赦免が行われる」との認識が定着する可能性があると情報筋は指摘している。

ちなみに、昨年10月初めにも重犯罪者に対する大規模な赦免が行われたが、その意図はわかっていない。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

世界最悪の人権侵害国家と言われる北朝鮮の中でも、最も人権侵害が著しい場所の一つである拘禁施設は、普段から衛生や栄養の状態が極めて悪い。「3密」の状態を少しでも軽減させなければ、新型コロナウイルスのクラスターが発生しかねないと当局が見ている可能性もある。

(参考記事:北朝鮮の刑務所で大量死か…新型コロナで「究極の選択」

    関連記事