「ある軍人が部屋のドアを通り抜けるときに、金日成バッジをひっかけてキズをつけてしまった。彼は他人のバッジを盗んで自分のバッジを取り替えたが、そのことがバレてしまった。彼はトイレで自殺を計ったが、未遂に終わり一命は取り留めた。しかし、その後再度ピストルで自殺を計った。彼はどこかに連れ去られ、その後の行方は誰も知らない」

燿徳(ヨドク)収容所に収監された経験のある脱北者イ・ヨングク氏が、金日成バッジにまつわるこんなエピソードを語った。北朝鮮では、金日成が描かれた絵にインクが落ちたり、バッジにキズがつくと政治犯として処罰される。

この話は、2007年に「世界キリスト連帯(Christian Solidarity Worldwide)」が出版した「北朝鮮の反人道的犯罪に対する国際社会の緊急対応(North Korea:A case to answer a call to act)」を』に納められている。北韓人権情報センターの「北韓人権記録保存所」は、この本を韓国語に翻訳、出版した。

この本で同団体は「金正日を国際刑事裁判所に提訴するために必要な手続きと準備、そして北朝鮮人権侵害事件の性格と国際社会の対応と措置事項を主体的に提示している点で大きな意味がある。今後、(金正日の国際刑事裁判所提訴が)可能な時期が来ることを想定して準備を進めている」と明らかにした。

報告書には、脱北者が北朝鮮内で目撃し、体験した人権侵害の事例を生々しい証言で綴られている。その証言には、近代社会の常識では想像しがたい人権弾圧の実態が如実に現れている。

南新義州の人民保安省安全部拘留場に収監されたイ・ミスク氏の証言は衝撃的だ。拘置所のそばにある軍人病院で、中国への脱北に失敗して逮捕された妊婦が産んだ赤ん坊を、看護師が濡れたタオルで絞め殺したという。

看護師は「赤ん坊は中国人の赤ん坊だ。そんなのを誰が望むのか」「脱北は父なる国家に対する重罪だ。犯罪者の産んだ子どもに哀れみをかけることなどない」と言い放ったという。

この妊婦は看護など適切な処置が何もなされないまま日常的な仕事を矯正されたという。また、政治犯収容所に入れられていた別の女性は、精神的、肉体的苦痛で3年間生理が止まったと証言している。

宗教への迫害も極めて深刻だ。キリスト教や仏教の信者は事実上絶滅させられた。報告書は1999年のトーマス・ペルクの「北朝鮮宗教のキリスト教研究」を引用し、「火がついた十字架にかけたり、道路舗装工事用の車輌で踏み潰すなどの残忍な方法でキリスト教信徒を弾圧している」と伝えた。

さらに、公開処刑も続いていることが明らかになった。レポートでは「(公開処刑の後)収監者は、血を流している死体に石を投げることを強要される。処刑だけでなく、様々な拷問で死んでいく」と伝えた。殴打や性的虐待、監禁などの拷問によって、身体的に傷つき、死に至ることが明らかになった。

それ以外でも、殺人、奴隷化、強制移住、任意拘束、その他の身体的自由の深刻な剥奪、拷問、強姦、性暴力、迫害、強制失踪などの事例を紹介した。

彼らは「北朝鮮で、国際的な犯罪を犯した多くの加害者が刑事責任を負うためにも、広範囲で組織的な弾圧があったことを結論付け、北朝鮮にいる特定の人物にこの責任を負わさなければならない。そのためにも、さらなる情報と証拠を収集し、検討すべきだ」と述べた。

燿徳政治犯収容所で収監されていたカン・チョラン氏は報告書の末尾に以下の談話を付け加えた。

「もしあなたが飢えに直面したら、食べ物を求めてどこへでも逃げることができる。しかし、北朝鮮ではそれは許されない。北朝鮮の指導部は、あなたはそこに留まり続け、飢え死ぬことを強いる。それは北朝鮮という国家が巨大な収容所だからだ」

    関連記事