「ある軍人が部屋のドアを通り抜けるときに、金日成バッジをひっかけてキズをつけてしまった。彼は他人のバッジを盗んで自分のバッジを取り替えたが、そのことがバレてしまった。彼はトイレで自殺を計ったが、未遂に終わり一命は取り留めた。しかし、その後再度ピストルで自殺を計った。彼はどこかに連れ去られ、その後の行方は誰も知らない」

燿徳(ヨドク)収容所に収監された経験のある脱北者イ・ヨングク氏が、金日成バッジにまつわるこんなエピソードを語った。北朝鮮では、金日成が描かれた絵にインクが落ちたり、バッジにキズがつくと政治犯として処罰される。

この話は、2007年に「世界キリスト連帯(Christian Solidarity Worldwide)」が出版した「北朝鮮の反人道的犯罪に対する国際社会の緊急対応(North Korea:A case to answer a call to act)」を』に納められている。北韓人権情報センターの「北韓人権記録保存所」は、この本を韓国語に翻訳、出版した。

この本で同団体は「金正日を国際刑事裁判所に提訴するために必要な手続きと準備、そして北朝鮮人権侵害事件の性格と国際社会の対応と措置事項を主体的に提示している点で大きな意味がある。今後、(金正日の国際刑事裁判所提訴が)可能な時期が来ることを想定して準備を進めている」と明らかにした。