人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

同通信の報道全文は次のとおり。

金與正党第1副部長、青瓦台の低能な考え方に驚愕

【平壌3月3日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党中央委員会の金與正第1副部長は3日、次のような談話を発表した。

火に驚けば火掻き棒だけを見ても驚くと言われた。

昨日行われた人民軍前線砲兵の火力戦闘訓練に対する南朝鮮の青瓦台の反応がそのようだ。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

われわれは、誰かを脅かすために訓練を行ったのではない。

国の防衛のために存在する軍隊にとって訓練は主な事業であり、自衛的行動だ。

しかし、南の青瓦台から「強い遺憾」だの、「中断要求」だの、何のという言葉が聞こえてきたのは、われわれとしては実にけげんだ。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

せん越なふざけた行為だと言わざるを得ない。

けれども、青瓦台や国防部が自動応答器のように常に唱えていた言葉だ。

他人の家で訓練をしようと休息をとろうと自分らが何の関係があってでまかせにしゃべるかということだ。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

私は、南側も合同軍事演習をかなり好む方だと知っており、先端軍事装備の購入にも熱を上げるなど、無様なことは全部していると思っている。

こっそり搬入する先端戦闘機がいつかはわれわれを打つのに目的があるはずで、それで農薬をばら撒くために購入したのではなかろう。

3月に強行しようとしていた合同軍事演習も、南朝鮮を席巻する新型コロナウイルスが延期させたもので、いわゆる平和や和解と協力に関心もない青瓦台の主人らの決心によるものではないということは、周知の事実である。

われわれが南側にそれほど行いたがる合同軍事演習を朝鮮半島の緊張緩和努力に役立たないとして中断することを求めるなら、青瓦台がどのように応答するか実に気になる。

戦争演習にそれほど熱中する人たちが他人の家で軍事訓練を行うことについてどうのこうのと言うのは、それこそ盗人猛々しいの極みである。

絞ってみれば、結局自分らは軍事的に準備されなければならず、われわれは軍事訓練をするなということだが、この強盗さながらの無理押し主張をする人たちを誰が正常の相手としてもてなすだろうか。

青瓦台のこのような非論理的な主張と言動は、個別の誰かよりも南側全体に対するわれわれの不信と憎悪、軽蔑だけをいっそう増幅させるだけだ。

われわれは軍事訓練をすべきであり、お前たちはすべきではないという論理に帰着した青瓦台の非論理的で低能な思考に「強い遺憾」を表明しなければならないのはまさに、われわれだ。

この言葉に気分が非常に悪くなるだろうが、われわれが見るには実際に青瓦台の行動と態度が三歳の子どもと大きく変わらないように見える。

強盗さながらで無理押しをするのを好むのを見れば、ちょうど米国に似たざまだ。

同族より同盟をもっと重んじて寄生してきたのだから、似ていくのは当たり前のことだろう。

われわれと立ち向かうには無理押しではなく、もう少し勇敢で正々堂々と立ち向かうことができないのか。

本当に遺憾でがっかりするが、大統領の直接的な立場表明でないことをそれさえ幸いだと言うべきだろう。

いかにして、吐き出す一言一言、行動の一つ一つが全てそんなにも具体的で完璧に馬鹿げているのか。

実に、すまない比喩であるが、怖気づいた犬がもっと騒々しく吠えると言われた。

ぴったり誰かのように・・・---

    関連記事